親子わくわく体験農園 田植えなど親子26組が参加

JAたまなは6月8日、食と農の知識や経験を身につけてもらうことを目的に「親子わくわく体験農園」を玉名市で実施しました。

親子26組78人の他、地元の高校生も参加し、田植えやタマネギの収穫などを体験しました。

タマネギとジャガイモは畑3アールで家族ごとに収穫を体験しました。

田植えでは青壮年部の塘内貴大部長が苗の植え方を説明。田んぼに引かれた紐の赤い印に苗を植えました。

参加者は「大きなタマネギが採れてうれしかった」「田んぼに入るのは初めて。田植えは大変だったけど楽しかった」と話しました。

田植えにはJAたまな公式アンバサダーの三津家貴也さんも参加。田植え体験は初めてだったいう三津家さんは「地元で自然に触れる体験ができてうれしい。自分の体験を通して玉名や農業の魅力を多くの人に発信していきたい」と話しました。

体験後には、女性部による手作りのオニオンリングとポテトチップス、茹でたトウモロコシが振るまわれました。

⇩三津家貴也さんのYouTube動画⇩