青壮年部通常総会 地域農業リーダーとして積極的に取り組む

JAたまな青壮年部は4月22日、第32回通常総会を玉名市で開きました。

部員や行政、JA役職員ら約40名が出席。令和6年度は「盟友の経営基盤強化と親睦促進」や「JA運営への参画」など6つの重点事項を掲げ、地域農業のリーダーとして組織の強化や発展に積極的に取り組みます。

塘内貴大部長は「農業経営は食料安保や2024年問題など、まだまだ厳しい状況にある。青壮年部活動が実りあるものとなるよう、一層の努力をしていこう」と挨拶。令和5年度事業報告や令和6年度事業計画などの5議案を承認・可決しました。本年度は6支部191名で精力的に活動していきます。